車検 通す前に

被害者なのに大きく損をするなんて思ってませんでした。

 

車検をする前に要チェック

 

「あちらの保険会社からの保険だけだと足りないので、手出しお願いします!」

 

車の修理屋のおじさんに言われた時は頭が真っ白になりました。

 

まさか、事故に巻き込まれた私が、大きく損することになるなんて思ってもいませんでした。

 

でも、実際に起こり得るのです。これは私がアルことを知らなかったばかりに起こってしまったんです。

 

本当に誰にでも起こり得るのです。特に私のように「あまり車は詳しくなく、乗れればいい!」という方は要注意!車検を控えている方も要チェックです。

 

 

年季が入った車に乗っていると起こる悲劇

 

年季の入った車は要注意

 

私はいい意味でもなんでも物持ちがいいのです。そこが災いしました。

 

親から譲り受けたダイハツのミラに乗っていました。親は近くの職場の通勤に乗るだけなので走行距離は凄く短いです。ですが、もう6年近く経っていました。

 

私はその車を譲り受けて2年ほど乗っておりました。そんなと時に車をぶつけられたのです。

 

幸い、怪我はありませんでした。ぶつけられた側なので、「車の修理もあっち持ちで修理できる!」と安心していました。

 

でも、結論からいうと私は、「修理代の不足分10万円」を手出しする羽目になりました。

 

 

車の価値と修理代が逆転してしまっていた

 

私の悲劇は物持ちの良さから「長年乗り続けた」ことで、車の価値よりも修理代の方が高くつく逆転現象によって起こりました。

 

法律上の私の車の価値は15万円しかなかったんです。一方、修理代は25万円。

 

相手の保険会社から支払われた保険金は、車の価値の15万円のみで、10万円手出しが必要になったのです。

 

ぶつけられなければいつも通り走れたのに。。。走れる状態にするのに、自腹で10万円払わないといけなくなりました。

 

「なんで自分で払わないといけないの?」と気持ちは複雑です。車検もかけたばかりです。こちらも10万円くらいしました。

 

「15万円しか価値がない車に10万円も払ってたの!?」と凄くバカバカしくなりました。

 

古くなると消耗品の交換も増えるので車検代もかさみます。でも、車の価値は順調になくなっています。

 

自分みたいに、「車は消耗品」と割り切っている人に起こりやすいことです。

 

乗ればいいので、2年に1回の車検もなんとなく通してしまいます。そこが間違いだったんですね。

 

車検のタイミングで自分の車の価値をチェックしよう!

 

車の今の価値は?

 

本当に車検の費用をかけるだけの価値がある車なのか?見極めが必ず必要です。

 

いつの間にか、車よりも修理代の方が高くなるような状態になっていると、事故に巻き込まれた時に泣き目を見ます。

 

今回は怪我がなかったので幸いでしたが、「もし、怪我もして車の修理も自腹だったら」と考えると凄く怖くなります。

 

自分は注意しても、ぶつけられることもあります。

 

だから、車が古くなって来た時は車検の時期と合わせてチェックするようにしています。

 

チェックの仕方は凄く簡単です!こういうサイトで買い取りの査定をしてもらうだけです!

 

>>http://www.zba.jp/car-kaitori/promo/basic/n-include/index4171.html?id=bacaw00022

 

 

査定額と車検代を見て、車検を通すか、売ってしまうか考えます。

 

ポイントがあって、「査定金額が比較的高いうちに売ってしまう!」のがポイントなんです。

 

ある時期を過ぎると査定額も大幅に下がるので、まだ乗れるけどという時期に早めに手放すのがポイントです。

 

そうすることで、いい値段が付くので、車検に払う金額を加えたら、そこそこいいのに乗り換えできるんですよね。

 

 

そのまま車検通すのもありだと思います。

 

車は乗ればいいって方は、特に注意です!

 

でも、車の車検通す通さないは、その人次第なので古くても通すのもありだと思います。

 

私のように古い車で毎年泣き目を見ている人がいるのも事実です。乗り換えも選択肢に入れている方には車検のタイミングで見直しするのがピッタリですね。

 

車の今の価値は?